ロゴ

パッケージデザインは商品ごとに見直すのが吉!

デザインの仕事に関わる人もそうでない人もチェック

印刷技術が向上し、家でもプリントが簡単にできる時代になりました。そのため企業向けに行なわれてきたサービスが気軽に利用できるようになっています。プロ向けのサービスはもっと向上しているのでチェックしてみましょう。

人気の分光器のタイプをチェックしておこう

カラーチャート
no.1

ポータブル分光測色計

今一番人気なのがポータブル式の分光器です。機能は限定されていますが、持ち運びしやすいため建築現場や内装の現場にも持っていけるのが特徴で、グループに一台揃えておきたいというデザイン会社もあります。

no.2

プロ向けの多機能分光器

プロが使うことが多い分光器ですから、やはりプロ向けに作られたものに根強い人気があります。ソフトがモバイル向けに作られたものもあるので、外出用にも使うことができます。プリンタの品質検証もできるため、印刷の仕事で便利です。

no.3

積分級分光器

ブランドイメージを決めることもある色の世界であるため、分光器の精度は完璧なものが求められます。そんな厳しい現場で積分級分光器が使われています。長期間データが保存できるものもあります。

印刷のことはプロに聞こう

写真やデザインではプリンターや印刷所をよく使います。そのため、デザイン系の仕事をしている人はイメージ通りの印刷をするために分光器が手放せません。そんな色を図るための測定器をもっと知るために形式も比べてみましょう。

色を測定する計測器にも違いがある

色彩計

色を測定するために三刺激値を利用している装置です。色の三要素であるRGBのフィルターを使用しているのですが、測定できる範囲が限られていることがあります。一度の測定に使うには適切な測定器といえます。

分光測色計

スペクトルを読み取って色を測定する特徴がある測定器であるため、RGBでしか読み取れない測定器よりも正確性が高いです。読み取れる色がとても多く、カラーシフト補正にも対応することができます。

パッケージデザインでデザインを深く考えてみよう

広告

目的によって変えたほうが良いデザイン

商品を売るためには保護のために包装をすることがあります。この包装に工夫をするのがパッケージデザインの醍醐味です。デザイン会社がこういったパッケージデザインをしていますが、商品開発をしている、商品がなかなか売れなくて困っているならパッケージデザインに注目してみましょう。
包装やパッケージは実はターゲットによって変える必要があるのです。よくいわれているのが広い女性層にアピールするためには分かりやすく商品を説明したデザインが良いという点です。世代によっても変わってくるので、商品ごとにパッケージを見直してみるのも良いでしょう。

[PR]
名刺の無料作成は用紙が選べる
とことんこだわりたい人向けのサービス

[PR]
分光器なら通販サイトで買おう
製品の性能を要チェック!